Category Archives: - Page 2

ダイジェスト認証

tracをいれてダイジェスト認証を使おうと思ってもなんか全然うまくいかなくて、なんでだーと思ってたら、

a2enmod auth_digest

をするのを忘れていたというオチ。
無事に認証できて幸せなわけですが、confをごりごりいじっていた時間が長いので、まだまだまだまだ不慣れです(´Д`)

うおおお

ようやく! できた!

# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md1 : active raid1 sda1[2] sdb1[1]
970719488 blocks [2/1] [_U]
[>………………..] recovery = 0.2% (1974912/970719488) finish=138.9min speed=116171K/sec

あとはgrub Hard Disk Errorでしょんぼりしないように祈るばかりだ。

うーん。動かん。

家の鯖をRAID1にしようとおもって、HDDを買ってきたんですよ。
で、既存のパーティションをそのままに、後付HDDをデグレードしたRAID1にとりあえずしてしまおうと思っていたのですが、どうも動きません。

RAIDパーティションからブートしようとおもったら、/dev/md1がねぇとかいわれるんですよ(´Д`)
busyboxで確かにls /dev/md1やってもいなくて果てなんででございましょうという状況です。
grub関係だと思うんだけど、なんだろうか。

RAIDドライブから起動したら起動しないんでgrubの設定をミスってるんじゃろうか。
悩ましくて、ぐるぐるしまくりorz

P183レビュー風味&組み立てた。

月曜日の朝便をお願いしていたわけでございます。
そんなわけで出社する前に到着。一日中ワクテカしてたわけです。

んで、日付が変わるちょっと前に帰ってきて作業開始。

デケーんですよ。いや、買ったときも箱がでかくてお持ち帰りやめたんで、でかいのはあたりまえっつーか。

おりゃーと引っ張り出しました。
まぁ、こういうのは仕事で慣れてるんで、特に苦労することもなくむにむにと取り出しました。

まあ保護シートついてますけど、こんな感じです。
しかし、ずっしりきますね。このケース。
うちのマシンのケースはアルミなので、軽かったのですがこれは重くて腰を悪くしそうだとか思いました。
いや、剛性という言う意味からしたらこちらの方が遙かにあるだろうしよいのでしょうけど。

後ろ。

スロットのカバーには穴があいているようです。
んー。個人的にはここは穴が開いて無い方がよかったなぁ。
開いててもメッシュとか…。

電源部。
CP-850を積むための大きな枠に、従来のATX電源用のプレートが付いてました。
CPシリーズで400Wくらいのだしてくださいw

側板はずしてこんな感じ。
側板はかなりしっかりとしたかんじですね。うすっぺらーなものしか触ってきてなかったので、すごーとかおもったですよ。


HDDホルダーがふたつあります。
下の方にはねじセットが入ってました。
ローレットスクリューで固定。丸わっかを引っ張るとにょきっと出てきます。
がたつくこともなくいい作りです。

12cmファンがふたつ。
熱は従来は上に抜けるので上にファンがあるのは確かに理にかなっているよなぁとおもいつつここから埃がはいるのもなんだからカバーでもつけたいという気持ちにさせてくれます。

裏にはケーブルをまとめるのがふたつほど。

蓋を開けるとこんな感じで、

でかいところはプッシュすると開いて、小さいところは左右に爪があります。
いずれもメッシュ状になっていて埃をある程度防いでくれそうです。

買ってきた電源ボックスをつけてみた。
ENERMAX ECO80+ EES400AWTです。
鯖用なんで、電力バカ食いのVGAもないので控えめのサイズ。
積んでもHDDが後一台くらいなので、これでも多い気がする。

この電源ファンがゆるゆると回るくらいでほとんど無音です。
一度電源検証ボードに繋げて動かしたのですが、付いていることが分からなくてOFFにしてしまったくらいです。
最近Seasonicの電源が微妙にラインナップ増えないなぁとか思っていたので次からはENERMAXを候補にしてもいいかもという感じです。

さて、ここで一度現場を離れて、違うケースに収まっていたD945GCLF2をひっぱりだしてきて、MCHにHR-05/IFXをとりつけます。
80mmのファンが作ってことだったので、余っていた三洋ファンをつけようとおもったらさっぱりつきません。
どうも、付属のワイヤークリップは80x15mm用でつくわけねーよってことでした。
商品ページみたら書いてあるよー的なオチ。

よくみたら商品ページどころか、箱にも書いていた(汗

どーん。

超危うい。

CPUの方にヒートシンクに干渉しまくる。
HR-05 SLI/IFXをCPUの方につけたいですねw

つけてみた。
HR-05 IFXの存在感が凄すぎますよ。

HDDを中段につけようとしたんですが、なんか付け方がよく分からなくて、(´ω`)? みたいな感じで試行錯誤した後、公式ページにマニュアルがあるので見てきました。
この白いシリコンがクッションになっていて、そこにねじを通すなんて分からなかったぜー。
ついでにマニュアルには下段をお勧めしていたので、そっちにつけました。

全部配線したらこんな感じ!

なんかもうこれだけのことなんですが、終わった頃には朝の4:00近くてぐったりしながら片付けて寝ました。
次の日、火を入れて試験運転をぼさーっとしてますが、MCHはファンレスで34度くらいで、前は45くらいだったので、かなり下がった感じです。
CPUの方は60度近かったのですが大体54度で安定。
HDDも45度くらいだったのですが、今は38度近辺で安定。

ファンがうるさいから変えた方がいいよとよく言われていますが、え、うちのデスクトップマシンより遙かに静かなんですけどという状況です。
もちろんLOW回転ですけどね。これがうるさいとか言う話になると静音病コースな気がします(汗)

次にいじるとしたらCPUのヒートシンクを交換。
HDDの前面にファンを追加して風量アップですかね。
それよりもRAID1にして、ミラーリングしたいでごわす。
で、鯖に置いてあるところにえいえいと押し込んでみると今までのケースより奥行きが長いことに気がつきました。
斜めに押し込んでとりあえず旧鯖の火を落とすまでこのままで稼働していこうと思います。

2万はちょっとお高いけど、値段に見合っているとは思いますぜ。

[amazon]B0026FZ070[/amazon][amazon]B001S2TYR4[/amazon]

からんからん

金曜日の夜中にご飯を食べて、PCの前に戻ったらなんかファンがからんからん言ってるんですよ。
んー? と思って音の発生源を探ってみたらMiniITXの鯖なんですよね。
電源落として蓋をあけてーもっかいでんげんおーんで、からからからかrとか激しく言い出す始末。
んーと触っているうちに枠に引っかかってあらーん? とか思ってたらぱきんと羽根が折れる結果に。一枚折れたら遠心力がついちゃってぶれまくりでもう使い物になりませんってことで廃棄コース。さらばブロアファン。

んで、夏場に目がけてこれはまともなケースに入れ替えフラグですねってことで、もうケースを買いに行くことにして、いってきたわけです。

前日にしあさんとかしゃあるさんとIRCで雑談気味に電源部分は選んだんですが、ケースはなんにするかなぁ。という感じでした。
とりあえず大きな電源付ける必要はないから、P183とかP193はないので、無難にP182だろ? とかあとは現物次第だよねーと相変わらずのアバウトっぷりで買い物に。
TWOTOPに最初に行こうと思っていたのですが、とっても腹が減ったのでヨドバシのマックで腹ごしらえして、近いから先にヨドバシを確認することに。
とりあえずP182にするには電源が必要なんだよねーとENERMAXのものを調べたら、これでいいかしらと目星を付けておいたEES400AWTがあったので、それでOK。んで、ケースはと思ったら、あら、P183が置いてあるわぁ。
ふーむ。サイズが大きいと聞いていたけど、んー? あんまり変わってないような感じ?
んーP182とも対して値段変わらずかー。
P183とP182の間を行ったり来たりしたあと、ふむーんじゃP183でいいやという感じで決めました。
タクシーででも持って帰るつもりだったけど、箱のサイズを見て、うん、これは無理。 と素直に諦めたので配送にしてもらいました。

その後、TWOTOPにいって、HR-05/IFXがあったから勢いでかってきたわけですが、肝心のP4電源延長ケーブルを買ってくるのを忘れましたorz

[amazon]B0026FZ070[/amazon][amazon]B001S2TYR4[/amazon]

Seagateのアホー!

ちょっとキャプチャ環境を改善しようかと色々と調べてたら、やばい内容のものを発見しました。

SeagateのHDDにFirmwareにバグがあって、起動できなかったり認識できなかったりと突然死しちゃうようです。

Firmware Recommendations for Seagate Drives [207931]

やばいよ。うちのHDDは全部Seagateだよーと、ガクブルしてチェックしてみたんです。

Barracuda 7200.11
ST3500320AS ← うちのマシンHDDのひとつ&奥様マシンのHDD
ST31000333AS ← この前新しくしたatom鯖

3台!
firmwareもSD15あたりがやばいんじゃね? とか言われてますが、ばっちりです!
とりあえず、うちのマシンと奥様マシンのHDDの代替処理済のセクタ数は0で問題なさげですなぁ と鯖の方にsmartmontoolsをいれてsmartctrl -a /dev/sda してみたら、

ID# ATTRIBUTE_NAME FLAG VALUE WORST THRESH TYPE UPDATED WHEN_FAILED RAW_VALUE
5 Reallocated_Sector_Ct 0x0033 100 100 036 Pre-fail Always – 1

RAW_VALUEが1だ!
閾値は36なので、注意しないといけないといことで、一番鯖のHDDでやばいかもしんないorz

色々やった

MiniITXケース+D945GCLF2を買ってちっこい鯖にリプレースしようという計画の元に色々とやったわけですが、エアフローの確保のことを考えるとスペースに余裕があるなら、素直にミドルサイズなりのケースかっとけというのが、素直な感想ですかね。
自分的にはもう省スペースマシンは組むことはないだろうと

今回四苦八苦した理由はD945GCLF2の発熱に対してITX-200のエアフローのなさが問題で、ケースを閉じたらあっというまに50度を超えてしまって何をどうするかということでした。
吸気のファンを前回つけたのですが、それをつけるまでにファン固定の木枠とか作ったんですが、これはどうなんだろうと思って、全然稼働させてませんでした。
一度排気ファンをつけてみようと、サイドから排気してみたのですが、温度上昇が見受けられたので×でした。
じゃあ、使わないであろうPCIスロットを潰そうってことでPCIスロットにつくファンを物色してつけることに。

OWL-FY08PCIというものがあるので、こいつを装着。
電源を入れて、うるささに絶望。
28dBと書いてあるが、これは静かに作ろうと思っている仕組みに組み込むのは無理。
ファンをがんがんぶんまわしているマシンならいいかもしれないが、これも×だわ。
そう思いつつMRTGを眺めていたら、50度以下の許容範囲をうろうろすることになったので、ははぁ。
やっぱ排気が最悪なケースなのねとおもったわけでございます。

このくそうるさいファンを今、手元にあまってるファンに交換すればいいんじゃね? みたいな安直な考えのもとにOWL-FY08PCIを分解。当然周囲のカバーにファンがついているんですが、はずれねーなーとかいいながらニッパでざくざく切り刻んで、最終的には軸までカット。
あぁ、もうこのまま中心部分切り抜いてしまえばいいんじゃねぇ。
とか一歩間違ったら買ったその日にゴミくず行きにするところでした。きっと眠かったんです。

もっとまともな写真を撮ればよかったんですが、右が中心のファンの部分だけくりぬかれてゴミになったファンフレーム。
左の無残な形になったファンはOWL-FY08PCIから解体されたファン。
二つをタミヤセメントで結合。プラ板で裏打ちして補強。

静かになりました。はい。
ブロアーファン? なんのことですか(ぉ
というかブロアーファンよりも静かなやつの方が嬉しい・・・ 少数派だろうけど。

静かになった分、風量がさがったので温度の下がりが悪くなったので、吸気と言うよりも直接風を当てるファンを増やすことにするかーと、ちょいっと当てたら少しさがって許容範囲に到達。
静かだしこんなところかなーという感じで落ち着きました。

ファンを一杯かっていたので、奥様からは「ファン探しの旅」とかいわれてました。
それも終わりだよ。エッヘンとかおもって2chのファン総合スレなんかをちらっとみてしまったら、XINRUILIAN/長尾製作所 8025シリーズが静音だよとか書いてるんですよね。

ゴクリ・・・。

ツインドライブ

正しくはツインファンです。はい。
CPU温度が50度をうろついていたので、これはいかんですなぁと、色々と悩んだ結果、ファンを試しに増やしてみることにしました。
というのもITX200を改造しているblogに8cmファンがぴったりくるよとか書いてあったからです。
そんなわけで買ってきてとりつけたのですが、最初よくわからずにどっかに挟まるのかなぁとか思ってたのですが、側の吸気穴にねじ止めしてるようで・・・w

ナットがないんでできない! とかなんというお粗末な状況。
なんかないかなーと家の中をうろうろとした結果、捨てるPCケースのファン固定部分をカットして適当くっつけてみたところ、いま43度近辺をただよっている模様。
CPU温度

んーむ。
とりあえず8cmファンを横二つ連結するのを安定化して、側につけるか、ケース側に吊すかしないとだめだなぁ。
と次の課題が持ち越されました。
Owltechの超静音2個セットを買ってきたのですが、やっぱりいくら超静音でも音がしますなぁ。
次はスーパー超静音でしょうかね。
スーパーと超は単語がかぶっとる気がするんですがね。

FANの回転数を取るのにどっちかだけつなげるかなぁ。

というか、本当になんでもあるな・・・ amazon。

あれっ

とりあえずハード的に大丈夫そうなので、えいやっと外ビニールをはがしたり、奥に押し込んだりして、ふーとりあえず一段落だぜとみかんを食べてたんですよ。

何気なく机の上をみたらねじが一本。

きっと大丈夫。

ノースブリッジファン交換

ノースブリッジのファン騒音に我慢しつつセットアップしてたんですが、そろそろセットアップも終わりつつあるので交換するかなーと買ってきました。
しゃあるさんとかにうるさいから交換した方がいいよとも言われてたし、PCわっちのデュアルコアAtom 330で遊ぶ!でも交換していたので知っていたのですけどね。
パーツ買うときにファンのコーナーにも行ったのですが、まぁ、実際に音を聞いてから必要かどうか考えようと結論づけて当時は帰ってきたのですが、うん、やっぱり買ってくるのが正解でしたね。 ということですw

40mm角ファンをはずして、んじゃって、また電源はずすのかYO! と文句言いながらはずして、さて、新しいファンを・・・ あーなんか放熱版にねじが通らないよ-?
元々使っていたファンのねじはだめなようです。すかすかです。

んー。放熱版はきっとそんなに硬くないよねってことで、力任せにねじってねじ山をつくることに。
強引にむりむりと回していったらきちんと止まりました。
ふーよかったぜー。
で、↑のPCわっちを改めて見直したら同じファンを買ってきて同じ悩みにぶちあたっていたようでした。
先に読んでいたのに学習していない自分に万歳。

電源ぽちっとしてみたら、いやぁ、静かすぎて笑いますわ。
最初に交換するべきですね。
むしろリテールファンなんか使っちゃいけないってのは、わかっていることじゃないかと言われたら、いや、ごもっともですとしかいえませんがね。