XACT その2

特に問題もなくちょいーんと作ったら鳴ってしまったわけですよ。
世の中便利になりました。

サウンドバンク→ウェーブバンク(ストリーミングウェーブバンク)

の関係を作って、サウンドバンクからPlayを呼んで、キューで管理して状態チェックをすればループも簡単に作れそうですね。
とりあえずXACTエンジンがDoWorkを毎期間呼べと要求するので、その前当たりに仕込んでおけば、FI/FOとかも簡単にできそうですなぁ。

いい時代になりましたなぁ(´ω`)

ただ、ファイル名指定でしか色々とできないっぽいので、生ファイルをぼろんと置いておくのもどうかなぁとか思ったりもしたけど、まぁ、曲データくらい好きにすればいいんじゃね? ってことでFAでよいですか。
むしろ、躍起になって暗号化して、誰にもきかせねーぜ、へっへっへ。 とか言うのは嫌いなんですよ。
PCの世界の話ですけどね。

コメントする