Visual C++ 2008 Feature Pack

今日、会社で暇つぶし(ぉぃ)に読んでいたCodeZineの記事でVisual C++ 2008 Feature Packなるものを紹介している記事がありました。前にVBで似たようなパッケージが出たのは知っていたのですがC++のパッケージが出ていたのには気がつきませんでした。
IDEを起動したときのニュースは欠かさずチェックはしているのですが、あれは日本語で提供されているのまでしか拾わないのかしら・・・。

それはそれとして、意外と面白い内容でちょっと興味がわきました。
あと、一番MFCが強化されたというところで、ちょっと心ワクワクという感じです。
MFCは6.0からさっぱり更新されなくて、UIを作る時にはいつも何にしようかとおもって、前回もC#をちょっといじってみるかねぇ・・・ なんてやってすっきりしない気持ちで触っていたのですが、やっぱりすっきりしないんですよねw

tr1も追加されているようですが、あんまその辺には興味がないというか、まぁ、なんか必要になったらちょっと使ってみるかー程度なんで、どうでもよかったり。生粋のC++マニアならtr1で色々と追加されてるよ、ひゃほーいなんでしょうけど、C++スキーですが、用途が無いうちに追加された機能に関してはとんとさっぱり興味が湧きません。
正規表現できるよーとか書かれても、boost::xpressiveの方が興味があったりします。

まぁ、ぼちぼちいじってなんか書こうとは思いますが、それはまた別な時に。
正直泥臭いことばかりやってるんで、記事にしようもないということばかりなんですがね!

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>